GIFT School
GIFT School

GIFT DAY SCHOOL

WHAT’S

常識にとらわれず、自分自身の
幸せの形を見つけ出す力を育みたい。

私たちは教育は、子どもたちが社会に出る未来、その時代で幸せに生きる為に必要な力を備えるためにあると考えています。
GIFTの考える理想の人物像は、自分の本当の幸せの形を知っていて、そしてそれを実現できる力を持っている人、そしてそれぞれの形で、社会にも幸せを還元できる人です。
「何をしたいかわからない」「夢がない」という言葉をよく聞きますが、自分の本当の幸せの形を知る、というのは簡単そうで実は難しいこと。特に小さい頃から自分の好奇心が大事にされない事に慣れてしまっているのに、大人になってから急に自分の幸せを見つけよう、といわれても難しいと思います。
親に言われたから、社会の常識だから、という「枠」にとらわれずに自分の幸せの形をしっかり見極められる力と、そしてそれを実現するための力を育みたいと考えています。

また、これから人類は、気候変動、技術革新による労働市場の変化、世界的な人口の流動化による社会の変化など、未だ経験した事のないような様々な困難な問題に立ち向かわなくてはいけません。

残念ながら人類はこれまでの歴史においては奪い合い、殺し合い、戦争などで「問題」を解決しようとしてきました。しかしこれだけ技術が発達した現代においてはこれ以上の争いは人間だけでなく地球にも破壊的な影響を及ぼしかねません。

そのような悲惨な未来を招かないためには各人々が社会と世界に対して責任のある行動をとることが求められています。人類の歴史のこのタイミングにおいては、世界に積極的に幸せを還元するという意思を育む事も大事だと考えています。

GIFT Schoolで
大事にしたい二つの軸

  • COMMUNITY 全ての子供が安心して
    学びを楽しめる環境
    GIFT Schoolの1つ目の軸は心理的、精神的に安全な学びの環境を作ることです。全ての子供はそれぞれ「違う」ということを大前提にカリキュラムや空間、スケジュールをデザインしています。人と比べられることなく、自分の「好き」が尊重される場所であること。さらに社会性や感情のコントロールなどの力を育み、持続可能な社会を築くコミュニティの一員であることを学びます。
  • CREATIVITY 未来を切り開く
    クリエイティブな力
    GIFT Schoolの2つ目の軸は、従来の学校で学ぶ「知識」と合わせて、新たな価値を創造するクリエイティブな力です。子どもたちがそれぞれの「幸せ」を実現し、そして社会にも幸せを還元していくには、「言われた通りに言われたことをやる」だけではなく、問題発見や分析、批判的思考と問題解決、そして様々なコミュニケーションスキルや表現などの実践的な力が必要だと考えています。

GIFT Schoolの特徴

GIFT Schoolの「ルール」はとても
シンプルにしました。

  • 自分を大事に

    Take care of Yourself

  • 他人を大事に

    Take care of Others

  • ものを大事に

    Take care of Materials

「自分の声、興味や好奇心を大切に、同じように他人の声や好奇心も大切に。
そして私たちの身の回りにある、自然や環境を含めたものを大切に。」という意味を込めています。

PROGRAM

  • Contract time
    ベーシックスキルを学ぶ個別の学習の時間です。内容は①算数②日本語(漢字を含む)③英語④ゲーム⑤ペアワーク⑥ミニクラスの組み合わせで、前週に先生と子供で決めた内容に沿って子供主導で進みます。教材はワークブックやパソコンなどそれぞれが集中しやすいものを使用します。個別学習なので得意なものはどんどん進め、苦手なものはじっくり時間をかけて学ぶことができます。
  • P4C
    P4C=philosophy for childrenは、子ども哲学の時間です。普段の生活や学びの中で見つけた何気ない「問い」を中心に、大人も子供も同じように「知らない」立場から物事の本質を探っていきます。様々な物事に興味を持ち、「なぜ?」を発見すること、そしてそれについて考える力は、これからの長い人生に置いて常に学び続け、探究を深めていく掛け替えのない力となっていきます。
  • Project
    1日2時間、たっぷりと時間を使ってプロジェクト型の探究学習を行います。1つのテーマを軸に2-4ヶ月かけて深め、探究していきます。まずは先生が主導の時間が多めの、探求の練習を行い、高学年になるにつれて徐々に子供達がリードしてプロジェクトを展開していきます。テーマはサイエンスか人文を軸に、様々な科目を分野横断的、そして実践的に学びます。
  • Yoga & Meditation
    屋外で体をしっかり動かすのに加え、GIFTではヨガと瞑想を行うことによって、健康で丈夫な、そしてしなやかな体づくりはもちろん、集中力の向上や、現代社会には欠かせない「ストレス」や「怒り」「悲しみ」などの様々な感情と向き合い、それらをコントロールして上手な付き合い方を学んでいきます。
  • Reading
    GIFTの「国語」はリーディングとライティングの時間が中心となります。選ぶ本は子ども達それぞれの興味を大事にしつつも、様々なジャンルを知ることや、資料としての本の使い方、またICTの活用などについても学びます。個別で読むだけでなく、本についてペアやグループで対話をしたり、読解力、聞く力、物語や詩などを書く力、そして考える力などを育みます。
  • Arts
    ART & CRAFTでは絵画や造形、そして映像制作などのマルチメディアを、PERFORMING ARTSでは音楽、ダンス、そして演劇を行います。それぞれの技術を学ぶことはもちろん、それ以上にアートは子供達の創造力を刺激し、新しいアイデアや価値の想像、そしてチャレンジの源泉となります。

TIME TABLE

GIFT Schoolは3-15歳の子どもが通う、定員30名のマイクロスクールです。

子ども達は一日の中で、個別/ペア/グループと様々な「形」で流動的に学びます。算数や日本語、英語などのベーシックスキルは子どもそれぞれのスタイル/進度に応じて個別に学び、サイエンス・人文・アートは3学年ごとの異年齢グループで探究を通じて学びます。

GIFT Schoolのカリキュラムは学習指導要領を参考にしつつもこれからの時代に本当に必要な力をどう育むかそして一番大事なGIFT Schoolに通う子どもたちがワクワクするものは何かを考えてデザインします。

私たちスタッフと先生の役割は大きく二つ、デザイナーでありサイエンティストであることだと考えています。

デザイナーとしては、子どもたちの好奇心をどう刺激するか、カリキュラム/空間/スケジュールを綿密に考えて設計します。

しかし実際に子ども達が関わる時には一旦それらを手放し、目の前の子ども達が何を感じ、何を考え、何を学ぶか、常に注意深く寄り添い、観察をし、次のステップを考える、子ども達と共に学ぶサイエンティストとなります。

    • Arrival
    • Morning mtg and outdoor play

    8:30 - 9:30

    • Contract Time Math, Writing workshop, English, Play, Pair-work

    9:30 - 11:00

    • Reading

    11:00 - 11:30

    • YOGA or P4C

    11:30 - 12:00

    • LUNCH

    12:00 - 12:45

    • ART & CRAFT / Performing Arts 2D, 3D, Multimedia / Music, Dance, Play

    12:45 - 13:30

    • PROJECT Science / Humaities

    13:30 - 15:30

PRICE LIST

募集対象
2020年4月時点で3歳〜12歳の子ども、各学年2-5名程度
選考方法
GIFT School スタッフと個別で面談を行います(保護者・お子さん共に)
応募方法
お問い合わせください
入学金
100,000円
授業料
週5日:月額100,000円 / 週2日:月額50,000円
施設費
年額50,000円
材料費
年額50,000円
  • その他別途実費などがかかる場合がございます。
  • 入学に関しては以下の点を考慮します
    • -
      お子さん本人がGIFT Schoolを居心地がいいと感じ、入学を希望していること
    • -
      ご家庭の教育方針とGIFT Schoolの教育方針の方向性に大きな相違がないこと
    • -
      他のお子さんやGIFT Schoolのスタッフとコミュニケーションがとれること